鼻尖縮小をしてもらい鼻が細くなりました

昔からとても大きな団子鼻が嫌で、特に写真を撮ると目立って見えるので、あまり写真を撮る事もありませんでした。しかし大人になってから社員旅行等で写真を撮ったり又何らかの証明書に使う為の写真を撮ったりする機会が増えてきて、その写真を見る度落ち込んでいました。そしてある雑誌を見ている時に、鼻の整形について書かれており、自分と同じ悩みを持った人がたくさんいる事を知りました。そして少し悩んでから美容整形外科を訪ね、鼻尖縮小の施術を受ける事を決めました。施術中は麻酔をしているので何の痛みも無く、術後は少し痛みはありましたが、すぐに治まり、日を重ねていくうちにだんだんと自然な鼻になりました。鼻尖縮小をしたおかげで、大きな鼻からすっきりとした細い鼻になり、整った顔になった気がしました。写真を撮るのがいつの間にか好きになり、コンプレックスも解消されました。

だんご鼻でお悩みの方は鼻尖縮小がおススメです

鼻尖縮小という言葉をご存知でしょうか。美容用語ですが、施術によっていわゆるだんご鼻のひとを鼻先を尖らせることによって解消する手術の事です。それでは、どのような手術を行うのでしょうか。そもそもだんご鼻の原因にはいくつかあり、主に、皮下脂肪の厚さや軟骨の発達等が挙げられます。鼻尖縮小の手術に効果があるのは軟骨の発達のほうです。発達した軟骨を切り取る事で、シュとした鼻に変えられます。切るという事になりますが鼻の内側を切りますので全く傷跡が目立たないというのもこの施術の特徴の一つでしょう。手術自体はクリニックにもよりますが30分程度、軟骨や志望を切ってしまうので鼻先をギプスで固定したりしますが、効果は半永久的だといわれていますので、金額もリーズナブルといえるのではないかなだんご鼻で悩んでいる人は非常に注目できるんじゃないでしょうか。

鼻尖縮小でコンプレックスとサヨナラ

自分の顔の「鼻」で悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。団子鼻や小鼻のふくらみが気になる、そんな方に最適な手術があります。鼻尖縮小と呼ばれる施術で美容整形クリニックで受ける事が出来ます。その人の鼻の状態により鼻の軟骨を切除するか、脂肪を取るのかが変わってきますが、いずれもクローズ法と呼ばれる、鼻の穴の中からアプローチする方法なので傷跡が外から見えないと言うメリットがあります。場合によっては外側からのアプローチが必要になる場合もあります。そして術後数日はギブスやテーピングで固定する必要がありますが、マスクをしてしまえばすっぽり隠れてしまいます。最大術後6か月以内に綺麗な形に形成され、効果は半永久的と言われています。鼻は顔の中心に位置するパーツでどうしてもその人のイメージに大きく関わってきますよね、しかしその悩みも少しの勇気で改善出来る時代ですね。

出っ歯、口元突出の改善ゆがみ改善など、釣り合いの取れた理想の骨格形成に導く美容外科手術。 大学病院レベルの衛生環境と独自開発の医療器具。 骨格を基礎としてお顔全体を改善できるクリニックに。 手術中は、最新の生体情報モニターやこれらのデバイスを利用しながら、手術医、麻酔科医、看護師とともに患者様をお守りいたします。 笑うと歯茎が出る…そんなお悩みを持つ方も多数いらっしゃいます。 鼻尖縮小など顔パーツのバランス等、顔面に関する様々なお悩みにお応えいたします。